スロット 北斗の拳 強敵
スポンサーリンク

目次

  1. パチスロ 北斗の拳 強敵
  2. 北斗の拳 強敵の【基本スペックや機械割】
    1. 基本スペック
    2. スペック解析
  3. 北斗の拳 強敵の【天井情報】
    1. 天井条件
    2. 天井恩恵
    3. 天井狙い目
    4. やめ時
    5. 天井まとめ

パチスロ 北斗の拳 強敵

2015年9月7日 65,000台導入予定
このページではスロット「北斗の拳 強敵」の解析・攻略情報をまとめた記事になります。

人気スロットシリーズ「北斗の拳」注目の新台!!
強敵と書いて「とも」と読みます。

ゲーム性の面では、初代北斗からの伝統となっている「中段チェリーのアツさ」「32G前兆」「中押しプレイ」「レア小役」を契機とするモード移行システム」・「前兆を司るラオウステージ」など、多くの要素を継承しつつ、更なる進化を遂げている。

貯めた「ひでぶ」がそのままAT期待度となる「伝承の刻」、そして7G間の神拳勝舞でAT当選を目指す「七星勝舞」など新たなCZも搭載している。

出玉のメインとなるAT「激闘乱舞」は、純2.8枚でコイン持ちは44G/50枚の新基準AT機。

AT「激闘乱舞」は、初期枚数は100枚以上からスタートし、もちろん消化中は多彩な契機から上乗せが発生する。
獲得した差枚数をすべて消化すると、必ず「継続バトル」へ突入。
継続バトルの勝率は50%~95%。

また、おなじみ"北斗図柄揃い"もパワーアップ!
従来の「高継続」に加え、強力上乗せ特化ゾーンである「北斗乱舞」がある。
「北斗BAR揃い」「乱舞BAR揃い」などから突入し、1セット7G継続で毎ゲーム枚数上乗せが発生する。
1Gあたりの最大上乗せ枚数は、なんと500枚!

 

 

北斗の拳 強敵の【基本スペックや機械割】

基本スペック

メーカーサミー
導入日2015年9月7日
導入台数約65,000台
システムAT機
純増約2.8枚(G)
コインベース約44.0G

スペック解析

設定AT初当り初期投資AT期待値機械割
設定11/433487枚445枚97.6%
設定21/412464枚441枚98.7%
設定31/386435枚458枚101.4%
設定41/361386枚460枚103.4%
設定51/326326枚474枚107.2%
設定61/292292枚515枚113.1%

北斗の拳 強敵の【天井情報】

天井条件

天井はAT間1568G消化+前兆32G

天井恩恵

AT当選

天井狙い目

1000G~

やめ時

引き戻し抜け、前兆確認後、即ヤメでOK。

天井まとめ

通常時1568G+前兆(最大32G)消化で天井到達となり、AT「激闘乱舞」に当選する。

天井の恩恵は、AT当選以外は特に無い模様です。
天井はかなり深いわりに恩恵は現状でAT当選のみとなっています。

狙い目は1000Gでもちょっと早いかなという感じ…期待値を考慮して1050G からとなります。

ヤメ時に関しては【引き戻し抜け、前兆確認後即ヤメ】で。 AT終了時はレア役でAT 引戻し抽選が行われ、終了待機状態(画面右下にロゴが表示)に移行するので、終了待機状態終了後の前兆・ステージ確認後 やめで。

ラオウステージ・ジャギステージなら様子を見て高確示唆演出を参考に、高確抜けで止めが理想です。
七星ランプが3個以上点灯した場合は何回かベルを確認してCZストックを見極めてからの止めを推奨します。
スポンサーリンク
おすすめの記事